特別展「恐竜 DINOSAUR」よみがえる恐竜のすがた

特別展「恐竜 DINOSAUR」よみがえる恐竜のすがた
アロサウルス

見て、聞いて、触れて、恐竜を学ぶ。恐竜は架空の生き物“怪獣”ではなく、6600万年以上前に実際に存在した生物だった。

近年、恐竜研究は躍進し、長年の課題であった恐竜と鳥との関係が明らかにされたことに加え、さらに脳の研究や骨や歯化石の微細構造、軟組織の研究などが進み、恐竜の“生物学的”な側面の解明が進むなど、今まで分からなかった恐竜の謎が次々に明らかになってきています。そして、これらの研究成果に伴い、我々が知る恐竜の姿も大きく変わってきました。本特別展では、誰も見たことがない恐竜に命を吹き込む作業、すなわち「恐竜の復元」をテーマに、研究の進歩に伴う恐竜の姿と復元の歴史の変遷に加え、現在の恐竜“像”について多様な骨格標本や復元模型、ロボット等で科学的に恐竜を紹介します。

展覧会名 特別展「恐竜 DINOSAUR」
よみがえる恐竜のすがた
会場 福岡市科学館3F企画展示室
(福岡市中央区六本松 4-2-1)
会期 2018年3月17日(土)〜5月13日(日)
開館時間 9:30〜18:00(入場は17:30まで)
休館日 火曜日
(ただし3月27日、4月3日、5月1日は開館。)
観覧料 一般 1,200(1,000)円、
高校生 900(700)円、
4歳以上中学生 700(500)円
カッコ内は前売、および30人以上の団体料金
※4歳未満無料
※身体障害者手帳・精神障害者保健福祉手帳・療育手帳(以上の手帳提示者本人と介護者1人)・特定医療費(指定難病)受給者証・特定疾患医療受給者証・先天性血液凝固因子障害等医療受給者証・小児慢性特定疾病医療受給者証の提示者本人は無料。
主催 福岡市科学館、読売新聞社、FBS 福岡放送
後援 福岡市教育委員会、福岡県、福岡県教育委員会、FM FUKUOKA、九州旅客鉄道株式会社、西日本鉄道株式会社、福岡県私立幼稚園振興協会、福岡県保育協会、福岡県PTA連合会、福岡市私立幼稚園連盟、福岡市保育協会、福岡市PTA協議会
特別協力 福井県立恐竜博物館